◆二葉オシャレ番長

ファッションクリエーター養成校、二葉ファッションアカデミーに通う学生の中から、
私校長吉野の五感にピピッ!と触れた在校生を紹介します。

今回の二葉オシャレ番長は、

e0081463_10405583.jpg
ファッションデザイン科2年在学中の
熊澤俊樹さんです。(都立 山崎高校卒業)

今日のファッションのポイントを教えてくれるかな。
見ての通りのパンク系なんですが、フランクトーマスのブーツが
ポイントです。ボーチはヴァンダリアポーチで、スイス軍の1800年代の
レアものです。帽子は自分で作りました。

確か熊沢君と初めて会ったのは会場説明会だったよね。
そうです。進学説明会だったのですが、先生と音楽の話を2時間ぐらい
した記憶があります。

そうそう、学校の話をしないで音楽の話で終わってしまいました。
専門学校の先生でパンクに詳しい人もいるんだなと・・・

音楽も服も表現という意味では一緒だと思っています。
ところで、最近ハマッテいるバンドは?
日本のバンドですが、「イステリスモ」というバンドが一押しです。
今日着ているTシャツもそうです。

熊澤君とパンクロックの出会いは?
もともと音楽が好きだったということではなく、パンクという一つの
コンセプトに惹かれました。又、リメイクに通じるパンクファッションの
もつ、「壁のないボーダーレス感」がとても好きです。

「壁のないボーダーレス感」ってとてもいいフレーズだね。
熊澤君は今の世の中のファッションについてどう思う?
自分はパンクが好きですが、裏原系やゴスロリ、キレイめやギャル系等
色々あって良いと思っていますし、否定をするつもりもありません。逆に勉強になることが多々あります。
ただ、一つ一つの洋服について、どのような成り立ちがあって、どういう
作り方がされている等、ただ着るだけではなく、その背景みたいなものを
考え、調べてほしいなと思います。そうすると、そこから色々なことが発見
出来、世界が広がっていくと思うんです。安い服を使い捨てのように買い漁る
というような、ファッションを物欲だけで終わらせないようにしてほしいと思います。

学校の授業はどう?
自分はどちらかというと企画立案が得意なのですが、最近は服飾造形のモノ作りが
楽しくなってきました。技術的にはまだまだですが、とにかく楽しいです。
又、学校で運営しているショップにも今後作品を出したいと思っています。

将来の夢は?
アパレルの企画として就職し、最終的には自分のショップを持ちたいです。

熊澤君は礼儀正しい(笑)パンクフリークだけど、しっかりとモノを見て考えているところが素敵だと思います。自分の夢実現の為に、死ぬ気!で頑張ってね。
ハイ、頑張ります。
by ffashion | 2010-07-03 00:00
<< ◆ファッションコンテストヘアメ... ◆ファッション色彩能力検定 >>