☆太宰治……レギンス??☆

最近、昔からなかなか読む機会がなくて読めなかった

太宰治の『人間失格』

を読んでます。


少し前に生田斗真さん主演で映画化されましたね。


それに出てくる

脚絆(きゃはん)という言葉に

ふりがなで

『レギンス』

とふられています。


ちなみに脚絆とはこんなやつです。↓
e0081463_1140448.png


別名ゲートルとも言います。

元々、脛(すね)を保護する為のものです。軍隊でも良く使われてるみたいです。


とまぁ、太宰治の執筆した頃にレギンスという言葉が存在したのかどうかは定かではありませんが

こんな所で、現代のファッション用語に出会えるとは思ってなかったです♩

スパッツがレギンスと呼ばれるようになったのはここ10年くらいですからね。

真相は太宰治好きのピースの又吉さんが知ってるんでしょうかね♩


e0081463_11493142.jpg

「う〜ん…レギンスって読ませよかな    何十年後かに流行るんじゃないかね」



太宰 治(だざい おさむ、1909年〈明治42年〉6月19日 - 1948年〈昭和23年〉6月13日)とは、日本の小説家。1936年(昭和11年)に最初の作品集『晩年』を刊行した。1948年(昭和23年)に山崎富栄と共に玉川上水で入水自殺を完遂させた。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『斜陽』『人間失格』。その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称された。
by ffashion | 2012-03-23 11:59
<< ☆原宿の可愛いお店☆ ☆テーブルマナー in 帝国ホ... >>