2012年 08月 28日 ( 1 )

☆仕事について☆

みんなは将来に夢や希望を持ってファッションの道を選び進んでいると思います。

ファッションデザイナー
あこがれのデザイナーです

パタンナー
洋服を形にする為に型紙を作成する、陰ながらとても重要な仕事です。

スタイリスト
常に流行敏感で有名人のコーディネートをしたりもします

ファッションアドバイザー(販売員)
ブランドの顔として接客をしてお客様からあこがれる存在です

ソーイングスタッフ
一つ一つ丁寧にミシンで仕上げ、刺繍などもして職人的技術が必要な仕事です


さぁどの仕事が良いんだろう…と悩みますよね

『デザイナーはきっと大変だろうなぁ。接客が好きだしお客様と会話するのが好きだから販売員がいいな』
『立ち仕事が嫌だから、内勤スタッフがいいなぁ。だからソーイングスタッフかなぁ』
『細かい仕事が好きだからパタンナーがいいかなぁ』
『デザイナーがカッコいいからデザイナーになりたい』

それぞれ色んな思いで仕事を選ぶと思います。

そこで僕からのアドバイス

『好き』を仕事にして下さい。

自分にこれが向いてないからこっちかな〜とか、好きだけどきっと大変だし無理だから〜

とかで判断しないで下さい


接客が好きなら販売員が良いです

デザインするのがが好きならデザイナーが良いです。


どんな仕事を選んでも大変な事は変わりありません。
きっと社会人になった時に気付くはずです。
楽な仕事は世の中に存在しません。

中には公務員が楽でいいなぁと思ってる人がいたら大間違いです。

公務員も本当に大変です

仕事をするという事で何が大変かというと
『人と仕事をする』
という事です。

自分を100%理解するのは自分以外にいません。

だから、きっと社会人になったら人間関係が一番大変でしょう

それはどんな仕事を選んでも変わりません。

デザイナーでも、販売員でも、公務員、芸能人、音楽家、スポーツ選手…

どんな夢のある仕事でも身近な仕事でも本当に大変な事ばかりです。

僕の周りにはみごとに全ての職種の人がいますが、誰しもが悩み苦しみ大変な思いをしながら日々過ごしてます

楽な仕事なんてないんです。

楽しんで仕事をしているだけに見える人は、その裏で努力し悩んで大変な思いをしてます。
だからその結果楽しめているんです
楽しい事の割合の方が少ないです。

世の中のどの仕事も大変なんです。

どんな仕事も大変なのであれば
それなら、絶対に好きな事を仕事にした方が良いです

だから迷わず進んで下さい
e0081463_21533793.jpg

by ffashion | 2012-08-28 21:43