<   2006年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

吉祥寺の春といえば

井の頭公園の桜です。会かも今年は早かったので、桜吹雪の中の二葉ボート大会も始業式には間に合わないかも・・・。この井の頭公園の池への道のりはOIOIの脇の七井橋通りがベストコース。
この道には今ではカフェやらブティック、コンビニとにぎやかだけれど、私の小さかった頃は、何も無くて、牛乳屋?とか温室のあった園芸店くらいで、公園の中の茶店はあったけど、こんなになったのは20年ぐらいかしら?さらに10年ぐらい前からは、ファッションっぽくなって、エスニック店やらセレクトショップも登場。今では夕方に「いせや」で焼鳥で一杯!そしてドナテロウズのアイスクリームでしめるのが定番。昼はプリミバチのイタリアンのランチもいいけど、高くてオバさんばかりでちょっとコワイ・・・。春限定で鳥良の手羽先のテイクアウトもアリ!
e0081463_1814316.jpg

e0081463_18144552.jpg

e0081463_1814541.jpg

e0081463_1815561.jpg

e0081463_18151953.jpg

e0081463_18153194.jpg

e0081463_18155681.jpg

by ffashion | 2006-03-31 00:00

第20回 「Thank you」 

みなさん、お元気ですか?今日は、私の担任しているクラスのことを書きたいと思います。
二葉ファッションアカデミーは、大きく分けて2つのコースに分かれているのはご存じですか?デザインを主に授業展開している『クリエイティブコース』と、美的感覚を養いコーディネート力を強化する『スタイリングコース』の2つの枝です。私は後者のコース、スタイリスト科1年の担任をしております。わたくし、教師生活は結構長いのですが、クラス担任をもつ経験は浅く、ここで初めて担任をもつ楽しさと重要さを知りました。多分それは、まるで子供を育てることと、ほんの少し似ているのではないか!?と思ったりします。学校では親代わり・・のようなものなので、当然教育は厳しく「甘やかしていい事は何一つ無い!あたしゃ厳しく接するよ」と叫んでいます。自分に甘く他人に厳しい性格がこんな所で生かされることになるとは。学生たちと過ごした日々は、私にとって大切な宝物です。毎年、すばらしい学生との出会いの連続なのですが、今年度は特に、楽しく時を過ごしたばかりではなく、心癒された場面が多かったように思います。とても良い学生たちに囲まれて、私は幸せ者です。常に他人を思いやり、行事ごとでは一丸となって協力し合って、支えあって来れたと思います。彼らは、めでたく2年生に進級です。これからご入学されるスタイリスト科のみなさん、カッコイイ&可愛い&頼れる先輩達が、あなたがたちが来るのを楽しみしています。彼らがつないでつくった円が縁になり、大きな輪は和となって、次へつながって行くことでしょう。
学生達よ、本当にありがとうね。
みなさんとの素晴らしい出会いに感謝。神様に感謝。
今を大切に、一日一日を元気に楽しく過ごして生きましょう、行きましょう
╲╲(^O^)(^o^)╱
by ffashion | 2006-03-30 00:00

第13回パリ・ロンドン研修旅行(連載九回目)

12月13日(火)
訪問四件目は、リリィさんのアトリエです。
e0081463_19311766.jpg


上の写真は友人の服?
オーナーはテキスタイルデザイナーなのです!
洋服の生地だけでなく
小物・レザー(財布、バック等)
ブローチなどの材料を提案しています。

e0081463_19313335.jpg


e0081463_1932315.jpg


e0081463_1932206.jpg


アトリエ内には小物系がたくさん展示されています。
もちろんすべて売り物!
グレイシュな色が多くコーディネートがちょっと難しいかも?
表現を変えると落ち着いた?
渋い?
日本的(和風)なのかも?

e0081463_1933253.jpg


明るい奥の部屋には資料がたくさん置いてあった。
商談・打合せをしている姿が目に浮かぶようだ。

e0081463_19332060.jpg


大きめのストールを巻いた女性(写真左)はスタッフの方。
実はオーナーのリリィさんは外出中でした。
いろいろと聞きたいことがあったので残念!
とにかく面白いものがいっぱい。
学生たちはテキスタイルに興味をもってくれたかな?
きっと・・・・・

次回はブラジル出身のデザイナーを紹介します!
(●^o^●)
by ffashion | 2006-03-29 00:00

花粉症

この時期になると、鼻がムズムズムズムズしてしょうがない。
何度も、“私は花粉症に違いない!!”と思いました。(花粉症は突然なるときいているので。)その度に、お医者さんに行き検査もしてもらいました。

しかし。。。。私花粉症ではないんですよ!!それどころか、何もアレルギー反応がでませんでした。不思議だ。。。??なぜ?
嬉しいことは嬉しいのですが、じゃあこの鼻のムズムズムズムズは何なんだろう?
決まって、3月位から4月位に起こるんですよね。。。

花粉症の方は、この時期本当に気の毒です。おしゃれをするとか、お化粧するとか考えられないですよね。。。春は、洋服がダークな色からカラフルで軽い服に代わるので(特に今年は、白やエクリュが流行るので)売り場を見るのは大好きなんですが、鼻と目の痒みに
毎年悩まされています。といっても私の痒みは、花粉症で悩まされてる方に比べれば、へっでもないんですけどね!

早く、春物が着たいでも、鼻が。。。。。。
 
by ffashion | 2006-03-28 00:00

新学期目前。

入学式を目前に控え、本校も新入生を迎え入れる準備で大忙しです。よく、「先生という職業は春休みがあっていいねぇ~」という声を耳にしますが、それは大間違い。教室の整備、教材の手配等、猫の手も借りたいほどなのです。
 そんな中、新年度に向けて校長の私はある企みを考えています。それは。「二葉アスリートクラブ(仮)」の設立です。最初は、週1回の活動から始め、徐々に増やしていければと考えています。内容は、ジョギングやマラソンを中心に「楽しく体を動かそう」というものです。勿論、賛同してくれる生徒や学生がいなければ成り立たないのですが・・・・。本校は、専修学校という特性上、課題提出等のこともあり、あまりクラブ活動というものが盛んではありません。本来であれば、ファッションという分野の中で、美術クラブやデザインクラブというものの方が妥当なのかもしれませんが、ファッションを学ぶ者だからこそ、体も動かしてほしいなぁと思うのです。
 一般的に、ファッションやデザインが好きな人達のイメージというのは、「汗をかくのが嫌い」「物静かな雰囲気」「根性という言葉がキライ」等が思い浮かびます。又、実際そのような生徒や学生がいるかもしれません。しかし、感性というものは頭だけではなく体を使っても磨かれるのではないかと思うのです。そして、体を動かす中で新しい自分発見をしてほしいなぁと思っています。と、偉そうなことを書いていますが、要はスポーツ好きな私自身が生徒や学生といっしょに楽しみたいだけなんです。
 「又、校長が変なこと言い出したよ」という声も聞こえてきそうですが、ぜひ実現したいと思っています。
by ffashion | 2006-03-27 00:00

いよいよパーティー。

e0081463_17264617.jpg

e0081463_17271610.jpg

e0081463_1727261.jpg

Kリンは、ドルマンのベルベットワンピース、
Mポンは、シャーリングのキャミワンピース、
A子は、ホルターネックのカップ内臓ドレス、
Tは、細いストラップのキャミワンピースの2枚重ね、
KBは、ティアードフレアのエンパイヤワンピース、
メンズ組、
Yちゃんは、赤のGS風ショートジャケット、
Kちゃんは、グラフィカルなペンギンパンツにイラストプリントのアップリケでセットアップ、
Eヤンは、欲しくても買えないアントワープブランドそっくりのセットアップ、
T兄は、ショートのジャケット、ひっくり返してもちゃんと出来てます。
この一年の進歩は「よくやった!!」だね。
春休みはリサーチにでも行きますか、渋谷、原宿、代官山~!
by ffashion | 2006-03-24 00:00

第19回 「destiny」 

小学校入学の時、♪友だち100人できるかな♪と、心躍らせていたことを思い出します。一生のうちで、出会う人の数は決まっているのだと、聞いたことがありますが、人によって会う人数に違いがあるのは、なぜでしょう??
世界の中で、日本人はコミュニケーションが苦手な人種と思われているらしく、それを実証するようなニュースが。日本人の『ひきこもり人口』は、なんと25万人以上!家から一歩も出ないイメージがあるひきこもり、実は、家と職場の往復だけと言う人も、この対象なのだとか・・・と言うことは、私も立派な『ひ・き・こ・も・り族』じゃない(-_-;)。学生の頃、『服の虫』とか『ファッションおたく』と呼ばれることは、技を極めている職人のようなイメージがあって、アルバイトや遊ぶヒマもなく、縫ってほどいて縫ってほどいて・・直して直して、ひたすらがんばっていた自分が、なんとなくカッコ良かったような気がしますね。当時の目標は『ファッション・デザイナー』だったのですが、いつの日か目標が変わり、なぜか『先生』と呼ばれる職業に就いてしまいました。いやいや、学生の頃の私を知っている友人は、「あんたがなんで??まさか!」と目を丸くしている次第です。
「10年間やればプロ」と聞いたことがありませんか?私は、もう素人の領域ではない(歳を数えるのはやめて~)。職業意識は、その年月分根付いている(つもりです)。前回、学生から見た私の印象をお伝えしたばかりですが、決してヤワなイメージは全くナッシング。しかし、そんな私も先日の卒業式で、不覚にも泣いてしまったんです。ハイ、“鬼の目にも涙”です。やはり、生活のほとんどを一緒に過ごすと、情ってヤツが沸いてくるのは私だけではないはず・・楽しみも苦しみも1つの空間(ここでは教室)で共有することの意味を、また改めて考えさせられました。まぁ、私の場合、教えることよりも、学生から教えられることのほうが多かったような気がします。
毎年、新しい出会いがあり別れがある。でも、学校は『いつでもそこにある安心』のような、存在でありたいと思う今日この頃。。
出会ったことの意味と、運命で結ばれている『縁』を大切にして、感謝の気持ちを持ち続けていきたいと思います。
by ffashion | 2006-03-23 00:00

第13回パリ・ロンドン研修旅行(連載八回目)

12月13日(火)
訪問三件目は半年前パリにやってきたステファンさんのアトリエです。
e0081463_18344280.jpg

素敵な笑顔のステファンさん!
アトリエは1階のみで一人で頑張っているそうだ。
壁際に工業用ミシンやアイロンがさりげなく置いてある。
オレンジ色のジャージはアディダスかな?
e0081463_183455100.jpg

異素材をパーツごとに組み合わせ新しいテイストを提案したいそうだ。
裁断台には表地・裏地のパーツが無造作に並んでいる。
パーツでのパッチワークもどき?
その作品が下の写真です。
e0081463_18351518.jpg

みなさんはどう思いますか?
下の通りの左右にショップとアトリエがある。
ストリート名は
《Rue des Gardes》
e0081463_1835323.jpg

訪問アトリエ残り三件です。
お楽しみに!
(^。^)
by ffashion | 2006-03-22 00:00

久しぶりに晴天となった日曜日。

今日は、㈳東京都トライアスロン連合主催の記録認定会に審判長として参加してまいりました。この記録認定会は、毎年1回各都道府県で開催されており、ここでの記録が代表選手選考や強化指定選手の選考のもととなる為、各地域より本校の学生と同じ年齢ぐらいの若いトップアスリートが集まってきます。朝は6時に起床、マーシャルベストを着込んでいざスイム会場の明星大学八王子キャンパスへ。今回の参加選手は20名と若干少なかったのですが、それでも選手たちの熱気で会場はヒートアップ。スイムは400メートルの記録をとるのですが、ほとんどの選手が4分台。恐れ入りました・・・・・。
 スイムが終わると、場所を八王子の上柚木競技場に場所を変え、ランのタイムトライアル。年齢によって、1500メートル、3000メートル、5000メートルの記録をとります。5000メートルのトップ選手は15分強で入ってきます。今回彼らの動きを少しでも参考に出来ればと思っていたのですが、あまりのレベルの違いに参考に出来なかったというのが本音です。まぁ、皆オリンピックを視野に入れているぐらいだから仕方ないか。チョット悲しい気持ちになりました。
 そんなバリバリのアスリートの彼らは、普段もジャージを着ているような印象ですが、そんなことはありません。競技を離れると、普通の人以上にとてもオシャレなんですよ。きっと、普段の服装をみるととてもトライアスロンをやっているようにはみえません。
私は、そのギャップがとてもおもしろいと思うし、又・・・だから・・・でなくてはいけないというような方程式は、カッコ悪いと思うのです。その人の中に、色々なチャンネルがあること、このことが人の魅力になるのではないかなと思います。
 二葉ファッションアカデミーの学生は、そんな多チャンネルの学生ばかりです。そして、私達、教員はその学生が、今日はどのチャンネルを見せてくれるのだろうかといつも楽しみにしています。
by ffashion | 2006-03-20 00:00

ラストの製作

ファッションフェスティバルから残り卒業まで
行事も色々あって、ラストの製作は2週間。
しかし卒業式やパーティー用とか考えると、
パワーは出るもの。着たい、欲しい、からいつもより速く、
まるで製品のような作品をめざしちゃってます。
しかも一発OK失敗も少なく、バイアステープのトリミングのキャミワンピ、
ビーズ入りレースを少し使ったり、縫い目もドンピシャ。
メンズ組はミリタリージャケットやら本格的なベンツやあきにチャレンジ。
春夏コレクションの雑誌や写真を参考に
本物が店頭に並ぶよりも前にできちゃいました。しかも
ファッションフェスティバルの残布とかなのでお金もかかっていません。エライ!
e0081463_1922568.jpg
e0081463_19221852.jpg
e0081463_19223188.jpg
e0081463_19224765.jpg
e0081463_1923146.jpg

by ffashion | 2006-03-17 00:00