トライアスロンのウェットスーツ。

トライアスロンのウェットスーツ。
 形状としては、袖なしランニングタイプで長ズボンの「ロングジョン」タイプと、長袖長ズボンタイプの「フルスーツ」の2タイプが現在の主流となっています。
 チョット前までは、泳ぐという機能に特化していないナンダコレ!というようなものが多々ありましたが(素材がぜんぜん伸縮せず、なんか着ぐるみを着ているようなものが本当にあった。着ると逆に溺れそう)、最近は素材の開発が目覚しく、本当に良いものが増えてきました。
ウェットスーツの求められる機能の一つに保温性があります。水温に合わせてチョイスするのですが、私の経験上、夏の盛りに行われるトライアスロンの大会で、ましてや日本では、ロングジョンタイプで寒いと感じたことはほとんど皆無です。もちろん、スタート前はすこし肌寒い時もありますが、泳ぎだしてしまえば、だいたいは暑く感じます。一度フルスーツタイプを着て出場し、水の中なのに脱水症状に見舞われた苦い経験があります。
2つ目の機能が浮力の確保です。これは安全面はもちろんですが、タイムアップに大きく関係してきます。スイムの推進力のほとんどは、手でのかきと(プル)と足の蹴り(キック)ですが、それらを水の抵抗が邪魔しているわけです。つまり、スイムのタイムアップを握る鍵は抵抗をいかに少なくするかということなのです。少なくするために一番のポイントはボディポジション、水中での体の姿勢です。これが一番むずかしい。多くの人は(自分を含めて)腰から下が沈む傾向にあります。これは、陸上を歩くときは体の重心がおへその下あたりにあるのですが、スイムの時に体を水面に対して平行にするためには、体の重心をみぞおちのあたりにもってくる必要があります。スイムが苦手な人のほとんどが重心の移動が出来ず腰から下が沈んだ泳ぎとなってしまい、それが抵抗を生み遅くなってしまうというわけです。(一応偉そうな事を言っていますが、自分が一番出来てないと、スイミングスクールに通っている娘に指摘されています)
進行方向に対して、いかに抵抗が少ないフラットなボディーポジションがとれるか、これがタイムアップの一番大事なところで、ウェットスーツはこれを補ってくれる、矯正衣服でもあるわけです。
PS.
 中学生の娘にプールでいつもビートバンキックで負けている自分がくやしい・・・
# by ffashion | 2005-11-28 00:00

放課後は、

e0081463_16154569.jpg

放課後は、課題が無ければ、学生とプラプラ街あるき。

今回は下北沢の古着屋めぐり。

リメークのネタやらパターンの参考にと、

そのまま着るより大活躍。

私は¥3,000でへリンボンツリードのジャケットををゲット。

リメークでアンダーカバーかジョンガリアーノみたいな

かかし風にしようかな。

メチャクチャ、ハンドステッチボタン、

布はし切れ、ダメージ・・・。どうなるだろうか?

ガリアーノなら20~30万円するものが¥300~だ!

※アンダーカバーのゴチャゴチャコレクションのネタ元、

チェコのアーティスト、ヤン・シュヴァンクマイエルの人形アニメやら、

映画を吉祥寺のバウスシアターでやっていました(10月)

神奈川、葉山の近代美術館でも、コラージュやショートフィルム

オブジェの展覧会をやっていたし、

ゴミっぽいのはブームかな?
# by ffashion | 2005-11-25 00:00

第4回 「わたしを癒すモノ」

e0081463_1717052.jpg

事務局の方がいれて下さる煎茶は、実においしい。なぜだろう??いざ自分も挑戦しては見るものの、味が全然違うのはどう言うわけだ!同じお茶っ葉なのに・・。私のだした答え、それはAの「心を込めて煎れているから」ファイナルアンサー。Cの「慣れているから」と迷ったが、間違いないだろう。学校に到着すると、デスクの上にアツアツのお茶が置かれていて、毎朝おいしいお茶を頂いている。本当にありがたき幸せです。この一杯のお茶のおかげで、「よしっ」と気合が入り、気持ちよく授業に臨める次第で・・一日のスタートを切る為にはかかせないモノになっております(合掌)。
みなさんは、どんな方法で自分を癒していますか?私がよく行く喫茶店は、天井から鳥かごのようなシャンデリアがぶら下がっていて、炎に見せている白熱灯の光は、私に安らぎをあたえてくれます。薄暗い店内に流れているのは、Jazzやクラッシック。考え事をする・・会話を楽しむのにジャマにならないボリュームで、耳に優しく入ってきます。自分でも気がつかないうちに、ストレスが溜まっている事あるでしょっ。私って、ガラスのように傷つきやすいタイプなので(プッ)、日頃から対処法を考えています。やけ食い?No,No,人や物にアタル?No,No,カラオケ?ある意味イエスではありますが、違います。私の場合、イエローらんぷがピーコン♪ピーコン♪鳴ったら、“酸素バー”に出かけます。「酸素?いつも吸ってるじゃない。何言っちゃってんの」と思われたでしょう。ところがどっこい、そこの酸素は濃いのです。自然に呼吸している酸素は、体内に入る前に空気中で汚染されていたり、体内に入った後でも、ストレスなどで濃度が低くなっているらしいの。血液が汚れてくると、体調にも変化が現れて・・・。個人差はありますが、効果は以下の通り、スグ現れます。①気分爽快②血液さらさら/お肌ぴかぴか③う○ちモリモリ。「うっそだー」と思ったYOU、一度行ってみてらして。
良いモノは取り入れて、いらないモノはさっさと出してしまいましょうよ。
何事もため込まず、毎日明るく元気に過ごしましょうね~(^○^)
# by ffashion | 2005-11-24 00:00

Vivienne Westwood

みなさん、映画は好きですか?

最近、映画も漫画も「NANA」ブームですよね。

みなさんとってもおしゃれなんですよ。

主人公の「ナナ」がよく着ているVivienne Westwood
e0081463_16105780.jpg

というイギリスのデザイナーの服ってやっぱり洋服好きの

ファッションの専門学校生には憧れのブランドなんです。

そのVivienne Westwood の作品が日本でExhibition

を行うそうで、学校のほうに届いた割引券は1日で

無くなってしまいました。普段きれるような服は店頭でも

見ることは可能ですが、一般庶民の私には絶対に購入できない

ドレス類はこの、Exhibitionで、是非間近で見てみたいものです。

e0081463_16212433.jpg


私もVivienne Westwood のように歳をとっても、ステキな感性を

持っていたいですね。
# by ffashion | 2005-11-22 00:00

私が愛用しているウェットスーツ

e0081463_17342583.jpg

今回は、実際に私が愛用している、ウェットスーツをもとに、検証をしてみたいと思います。

 メーカーはシロモト製(関西のメーカーでオーナー自身も強豪トライアスリート、ちゃんこさんの愛称で皆に慕われています、一応宣伝しておきます)の、ロングジョンタイプで、もう6年近く愛用してます。普通ウェットスーツの寿命は使い方にもよりますが3年といわれています。これは素材がゴムという性質上、経年劣化が布帛よりも激しいからと思われます。確か、購入時の金額は36000円だったと思います。この金額、皆さんはどう思われますか。

 私は「こんに高いの・・・」と思った記憶があります。金額が高い理由としては、売れる量が限られていること、そしてオーダーメイドであることが上げられます。

 このおーだーめいどという響き、これはファッション好きな人にはたまりません。ましてや、この後に続く言葉が「世界で1着だけ」とか「自分の為だけのもの」とか言われると、もうすでに財布は全開状態、頭の中は着用した自分を想像して(こういう時に限ってトップ選手みたいな体型になっている自分を想像しているから性質が悪い)トリップしています。

 このシロモト製のウェットスーツ、スイムの時も快適で購入して良かったなと今も思っています。

 でも、ここでチョットマテヨと思うのです。極上の響きでもある「オーダーメイド」。これってどういう意味があるの。衣服の値段とどういう関わりがあるの。オーダーって良い服の代名詞なの。良い服ってなによ。
 こんな疑問がまたまた湧いてきてしまったのです。
# by ffashion | 2005-11-21 00:00

私の家は横浜

e0081463_19323432.jpg


私の家は横浜。ちょうどトリエンナーレという

三年に一度の展覧会があって、元町中華街と共に

にぎわっています。

アートといっても現代美術は

コンセプトと言ったもん勝ち!

「なんだこれ・・・?」

「エッ!」

もあるけれど

「フーム・・・。」

「なるほど・・・。」

もあり自分もチャレンジしてみたくなる作品も多し。

糸・針のファイバーアートのジャンルとかもあり、

刺繍だったり

巨大な風船だったり、

カーテン、旗・・・いろいろ、できそう・・・。

会場は山下公園のはずれ、氷川丸の横というかんじ。

横浜駅そごうの裏からシーバスという船でいくのが楽しい。

トリエンナーレを見たら、

ニューグランドホテルでランチ。

中華街の中国茶店でひと休み。

横浜球場(スタジアム)そばの日本大通りのオープンカフェもいいかんじ。

午前中ならブランチにしてのんびりも。
# by ffashion | 2005-11-18 00:00

第3回 「食の世界」

e0081463_1654023.jpg

みなさん、お元気ですかー!おいしいもの食べていますか?

この時期食べたくなるのは、湯気の立つお料理ですよね。

おでんに肉じゃが、ラーメン、鍋物、シチューも食欲をそそられます。

今は食を楽しむには絶好の季節。

食いしん坊の私はガッツリ食べまくってます。

考えてみると、“味覚”から受ける影響は、意外に大きいと思いませんか?

まぁ一番の影響力は、やはり、お母さんの愛情料理ですが・・。

日本は国内に居ながらにして、世界中の料理が食べられる国です。

同じアジア圏でも、中華や韓国料理は全く違う性格を持っていますし、

ヨーロッパでも、それぞれの国の特徴が現れているのではないでしょうか?

先日、製菓学校の菅先生とオーストリア料理の勉強会に行ってまいりました。

講師は、昨年日本人ではじめてオーストリアの国家公認のマイスター試験に合格なさった

神田真吾さんです。

目の前で繰り広げられる料理人の技はお見事でしたね。

文化伝統を継承しつつ、

日本人の好みに合うようにアレンジを加えて出していただきました。

愛情一杯のおいしい料理を頂いて、感動でした(T_T)。

とても有意義な一日だったことは、間違いありません。

料理にワインを合わせて、花を飾るように、

例えば洋服のアクセサリーを合わせて、ヘアスタイルはこうアレンジして・・・と、

食だろうが衣だろうが考え方は同じだと思います。

五感をフルに活動させてセンスを磨くこと、

そして相手の立場で考えることが大切な気がします。

そして、時には未体験ゾーンに一歩足をふみ込んでみると、

きっと素敵なことがあるはずですよ。
# by ffashion | 2005-11-17 00:00

冷え性に優しいファッション?

e0081463_1715165.jpg


イギリスに老人達が不良になった町がある。

なんと、それもエミネムを思わせるようなストリートギャングのカッコウをしているのだ。

ダボダボのジーンズにキャップまで!

極めつけはパーカーのフードをキャップの上にかぶっていること。

一体何が老人達を不良へと追いやったのかそいうと?

イギリスの若者達へのアツいメッセージがそこにはあるらしい。

この田舎町では、コンビニ、スーパー等が若者達の強盗が多く発生している。

その原因が、顔をかくすような、ストリートギャングスタイルにあるらしいのだ。

日本でも確かに、コンビニ等でヘルメットはダメ出しだったような気がする。

老人達は少しでも若者達が犯罪に走らないように、

同じカッコウをし、若者にダサいと思わせたい。

その為に数人で顔を見せないように彼らに近づき、

「エッ!?」

と思わせて、ストリートギャングスタイルを止めさせるのだ。

カッコイイ老人達だ。

しかし、老人達もその格好を気に入っている。

それは、暖かく、冷え性に優しいファッションだからだ。

自分のファッションをもう一度見直してみようか?

みんなで?
# by ffashion | 2005-11-16 00:00

学園祭のお話PART2

学園祭のお話パート2です。

高校時代の文化祭って“模擬店”ってイメージありますよね~。

たこ焼き屋さんやカキ氷やさん・・。

じゃあ専門学校では何をやるのでは?と疑問があります。

一言で言ってしまうと“ファッション祭”です。

ミニファッションショー(もちろん学生が作ったもの)や

学生が製作した洋服の販売、ネイルの体験やら

作品展示!!こんな一度に色々なものをみれるなんて、

普段はありえない!!

ただ今私の頭の中も学生の頭の中も学園祭に染まってます。

毎日ドキドキと焦る気持ちと、ワクワクと盛り上がる気持ちで一杯です。
# by ffashion | 2005-11-15 00:00

デザイナーブランドのスポーツウェア版?

e0081463_16491714.jpg

ファッションというと、どうしても若い人達に限定された、

テイストあるいはルックスといったようなものが中心となっています。

私もそれはそれでとても大好きなのですが、

競技用ウェアのような目的又は求められる機能がハッキリしている衣服に関して、

もう少しファッション関係の方達に携わってほしいなぁと思います。

もちろん、現在ある競技用ウェアを含むスポーツウェアには素晴らしいものがたくさんあります。

しかしながら、それらの開発に関わっている方達の多くは、大学卒の工学部系の方々、

又は競技関係者がほとんどではないでしょうか。

それが、悪いわけではありません。

私が言いたいのは、

もっとアンダーカバー大好き人間やワールドワイドラブ命みたいな子達がこういった分野にもぜひ目を向けてほしいと思っているのです。

そうすると、

もっともっと楽しいウェアが出来るのではないかと思っています。

みなさんは、どう思われますか。昔で言うデザイナーブランドのスポーツウェア版、

めちゃめちゃストイックな作りで、そして最高にオシャレ、

こんな服があったら楽しいと思いませんか。

ファッション屋が競技用ウェアを作ると、

いまひとつ競技用衣服としてのストイックさが感じられない。また競技関係者が作ると、

とりあえず派手な色使いにしてみましたという感じで、

ぜんぜんピントがずれたオシャレになっていてどこがかっこいいのか解らない。

こんな不満をもっているのは私だけでしょうか。

だから、本校の学生にもぜひ、衣服の持つ機能性について真剣に考えてほしいし、

又プロダクトデザインというものも理解してほしいなぁと思っています。
# by ffashion | 2005-11-14 00:00