トライアスロンとファッション

トライアスロンとファッション

 ついに、行ってまいりました。波崎トライアスロン大会。
胸の痛みを気にしつつ、新調したオルカブランドのトライアスロンウェアを着たいが為に、強行参加です。
 当日は、トライアスロン仲間のY君がドライバーをかってでてくれたので、負担を減らすことができました。前日の天気予報では、曇りのはずが、スタート時刻には空はピーカン。気温32度との発表。
 スイムは水中からのフローティングスタート。私は第2ウェーブで約200人がいっせいにブイ目がけて泳ぎます。私はというと、胸の痛みを感じていたので出来るだけセーブしながら、バトルに巻き込まれないようにしていました。コースは右回りの2周回で1500メートル。普段より、2分近い遅れでスイムフィニッシュ。この遅れを取り戻そうと、バイクでは胸の痛みも忘れ本気モードに。4周回40キロの、観客には見て楽しいコースレイアスト。大学生らしき若者と張り合いながらバイクフィニッシュ。タイムを見ると、いつもより良いではありませんか。これなら、胸の痛みを気にしなくても大丈夫とおもったのですが、世の中そんなに甘くない。ラン10キロに移る頃には、暑さもピーク。おまけに、バイクのつけがまわってか胸はズキズキ痛むは足は上がらないわでダウン寸前。波崎高校のボランティアの生徒に励まされながら、何とかフィニッシュいたしました。
 しかし、こんなに辛いレースでも帰りの車の中で、次はどの大会に参加しようか考えている自分がチョット怖い。
 早く病院へ行こっ~と。
by ffashion | 2007-09-24 00:00
<< 横浜中華街 第38回 「気が利いてる」   >>