国立市アクアスロン大会

 新年になると、決まって行うことがあります。それは参加する大会の年間スケジュールを決めることです。中には同じ大会だけ、続けて参加する方もいますが、私の場合はだいたい1つの大会に2~3回出場したら、又他の大会に参加します。トライアスロンの場合、それぞれの地方で行われる大会ごとに特色があり、それが又楽しみでもあるのです。最近は、仕事の都合もあり、参加数は少なくなりましたが、それでもあの大会、この大会と計画立てるのは面白いものです。
 今年は久しぶりに石川県の珠洲市の大会に行ってみたいと思っています。ここの大会は、スイム2,5キロ・バイク100キロ・ラン21キロという、いわゆるミドルレンジの大会です。以前は5年間ぐらい続けて参加していました。この大会は、最大斜度12㌫の激坂を含む大谷峠を2回クリアしなければいけません。私はこの坂で1度、脱水症状でバイクごと倒れ、救急車で病院送りになった経験があります。そして、リベンジの為、翌年も参加したのですが、大雨の為途中でレースは中断。その悔しさを今でも引きずっているので、その思いを何とか今年は晴らしたいと思っています。
 でも、トライアスロンは参加するだけではなく、主催することも又楽しみがあります。私が代表をしている、国立市トライアスロン連合では、国立市教育委員会の後援のもと、「国立市アクアスロン大会」を毎年11月に開催しています。昨年は10回大会だったのですが、申込者は約130名となり、10年目にして始めて参加選手が100名を超えました。地元地域の大会ということで、手作りのアットホームな大会です。
 ぜひ、皆さんも参加してみてください。体を動かすことの楽しさを必ず実感することが出来ますよ。
e0081463_5105751.jpg

 昨年の「国立市アクアスロン大会」表彰式にて
by ffashion | 2009-01-12 00:00
<< 初めての北海道旅行その① 第101回 「2009年スタート」 >>