2007年 11月 26日 ( 1 )

三鷹ふれあい秋祭り

三鷹ふれあい秋祭り

 先日、本校学生達と共に「三鷹ふれあい秋まつり2007」に参加してきました。このイベントは、社会福祉を考えるという視点で行われています。ファッションの専門学校がなぜ、福祉なの?と思われる方もいるかもしれませんが、私はファッションやもの作りに大切なことは、「誰かの為に・・・」「誰かに喜んでほしい」という、大げさに言うと奉仕の気持ちだと思うのです。ファッションはとかく、こだわりの感性やオリジナリティという言葉が使われますが、それらの本質は自分に向けてではなく、他者へ向けてのものではないでしょうか。
 今回、本校ブースでは「高齢者及び障害者の方対象のネイル体験」を行いました。当日はあいにくの荒天でしたが、本校ブースは大盛況、最終的には50名ぐらいのお客様にネイルを体験していただきました。
 私は、オシャレは若い人の特権ではなく、むしろ子育てやお仕事を定年退職された高齢の方にこそ楽しんでいただきたいと思うのです。そして、そのようなオシャレな高齢の方たちが増えています。
 今回は、専門課程スタイリスト科の学生達が参加いたしましたが、自分達の親と同年代又はそれ以上の方達にオシャレのアドバイスをして差し上げるということが学生にとっても大いに勉強になったのではないでしょうか。
 今回は残念ながら、高等課程の生徒の参加はありませんでしたが、来年はぜひ彼らにもチャレンジして欲しいなと思っています。
e0081463_18162949.jpg

e0081463_18164942.jpg

by ffashion | 2007-11-26 00:00